Magical Mystery Nara Tour

独自の視点で奈良の魅力&情報を発信していきます。

DSC_5982
昨年、奈良の超ローカル地域でロケが行われたことで話題となった、
2018年5月29日記事【映画「フォルトゥナの瞳」が奈良でロケ】
映画「フォルトゥナの瞳を観て来た。
原作は百田尚樹氏の「フォルトゥナの瞳 (新潮文庫)」で、私は発売当時に買って読んでいたが、
どう思い出しても奈良が舞台の小説ではなかったし、
そのあたり、どう物語に橿原神宮前駅や榛原駅が絡んでくるのか興味があったが、
結論を言うと、映画はどうやら架空の都市を舞台にしたような感じで
(原作には舞台がはっきりと横浜や川崎市と書いてある)、
奈良や、ましてや榛原である必然性はなかった。
おそらく、内容的に人が死んだり事故が起こるような内容なので、
舞台を限定しないように配慮したのかもしれない。
ただ、逆にロケが行われた場所に土地勘がある人間にとっては、
とんでもないパラレルワールドのような世界になっておりw
ドラマ「鹿男あをによし」のラストシーンで(鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズカット完全版)、
天理駅が奈良駅になっていた以上のミラクルを見ることができる。
たとえば、映画後半で榛原駅を名張方面に向けて出発した急行が、
なぜか、吉野方面から橿原神宮前駅に入線してきたりしてw
榛原駅どころか、「近鉄」という名前すら出てこないのだが、
地元民が見れば間違いなく榛原駅であることがわかるし、
現在、美榛苑の関する一連の問題で、
宿泊施設誘致、反対上回る 奈良・宇陀市の住民投票(日本経済新聞)
宇陀「美榛苑」半年休館(読売新聞)
それこそ市の将来が薄く消えかかっている宇陀市民からすれば、
良い思い出になったのではないだろうか。
公開前から奈良県内の映画館では大々的に告知がされ、
DSC_5964
私が見たのは、平日の朝の一発目からであったが、それなりに人が入っていた。
奈良では、「アクアマン」「ファーストマン」より大きな扱いであったw

関連記事:
コラム121「シネマサンシャイン大和郡山」
ユナイテッド・シネマ橿原 4DXを体験してきた
ユナイテッド・シネマ橿原オープン

スポンサーリンク

奈良に来たならぜひ見るべき仏像と、
その魅力を発信していく「奈良仏像のすゝめ」。
今回ご紹介するのは、ミツバチと生命館の「みつ蜂観音立像」

DSC_5866b
奈良の養蜂会社「株式会社やまと蜂蜜」ミツバチと生命館(山添村工場)」に立つのが、
「みつ蜂観音立像」である。
観音の足元には碑があり、このような由来が書かれている。

DSC_5842
「みつ蜂は童話に登場したり、漫画の主人公になったりしていますから、みつ蜂を知らない人はいないでしょう。しかし、ほんとうのみつ蜂の姿や役割を知っている人は少ないものです。花から花へ蜜を集める姿が私達の生活とどれほどつながりがあるかを知って頂きたいものです。みつ蜂は世界中のあらゆる所で活躍しています。南米アルゼンチンの広大な放牧地のクローバーも、みつ蜂の働きなくしては育ちません。みつ蜂がいなければ牛や馬や羊などの家畜を大量に育てることが出来ませんし、食肉やウールを簡単に手に入れることもできません。植物は花を咲かせ、みつ蜂の交配で花は実を結び、農作物をはじめ、野性の鳥や動物の食料となっています。いうなればみつ蜂は自然界を結ぶ生命の輪の中で花粉交配を通じ自然界の生命を支えています。このみつ蜂の偉大さを知っていただきたく、その姿を観音様の手の平に安置、「ミツバチと生命館」のシンボルとして「みつ蜂観音」を建立いたしました。」

要は、花の花粉を運ぶみつ蜂は、生命をつなぐ(輪廻)存在であり、
その意義と恩恵を伝えるシンボルとして建立されたという。
実際、このように手にはみつ蜂が乗っており
DSC_5871b
長谷寺の観音像は、錫杖(しゃくじょう)を持ち「長谷寺式観音」とも呼ばれるが、
さしずめこの観音像はハチを持つ、「蜜蜂式観音」とも呼べるのかもしれない。
そんな有り難い、みつ蜂観音様のご利益は「交通安全」というが、
DSC_5870b
おそらく「ミツバチと生命館」の真横に、
死の道路と呼ばれる「名阪国道」が通るからであろう(コラム50「名阪国道の謎」)。
近年、奈良公園の食物連鎖を担う「糞虫(ふんちゅう)」が話題となっているが、
ならまち糞虫館オープン
このみつ蜂観音立像は、糞虫ならぬ、
「仏虫(ぶっちゅう)」とも言えるかもしれない。

■仏像DATA
名前【みつ蜂観音立像】
場所【ミツバチと生命館(MAP)】
製造時期【平成7年(1995年)】
技法・材質【】
像高【】
指定【】

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ