Magical Mystery Nara Tour

独自の視点で奈良の魅力&情報を発信していきます。

1280px-Himuro-jinja1
奈良市東大寺近くにある「氷室神社」。
奈良で一番早くしだれ桜が咲くことで有名だが、
神社としても、しっかりとした由緒のある場所である。
氷室神社とは、簡単に言うと氷の神様を祀る神社である。

氷の女王様ではない。

現代では、「氷」なんて珍しいものでもなんでもないが、
冷凍庫のない奈良時代には、非常に貴重なものとして扱われた。
冬のうちに出来た氷を「氷室」という施設で保存し、
暖かい季節になると平城宮まで運んで貴族が口にしたという。
奈良時代の政治家「長屋王」が、お酒をロックで飲んでいたという記録も残っている。
39313118
(福住に復元された氷室)
古来から自然に神が宿ると考えていた日本人は、
神の住む山の水で出来る氷も、また神が宿ると考え、
貴重な氷を守る「氷室」の守り神として氷の神を祀った。
それを今に伝えるのが「氷室神社」なのである。

そんな氷室神社では、毎年5月に「献氷祭」という祭りも開かれるが、
今週末、氷といえばかき氷ということで、
かき氷のお祭り、
68154_1120335897981805_122427790632379811_n
ひむろしらゆき祭
が開催される。
目玉はなんと言っても、奈良を中心に、大阪・兵庫・愛知・東京のカフェなどの、
自慢のかき氷が一堂に会することである。
かき氷好きにはたまらない、まさに氷が氷であるための氷のままでの祭典。
詳しくは、上記ウェブサイトを参照していただきたい。
真夏を前にして、氷の神様の元でかき氷も乙なものである。
これからは、
奈良公園がかき氷の聖地となるのだ。

スポンサーリンク

「古事記」を、登場人物の紹介という切り口で解説する神シリーズ。
第3回目は、「イザナキとイザナミ」


伊耶那岐・伊耶那美(イザナキ・イザナミ)
【悲劇の夫婦】

日本のアダムとイブ。
2人が出会い、交わり、「国土」と「神々」が産み出される。
しかし、イザナミが火の神を産んだことで悲劇の幕があける。
大ヤケドを負ったイザナミは死んでしまい、
未練を断ち切れないイザナキは、死の世界にまでイザナミに会いに行くが、
ゾンビとなったイザナミに追われ、呪いをかけられてしまう。

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ