Magical Mystery Nara Tour

独自の視点で奈良の魅力&情報を発信していきます。

img2
「第12回奈良まほろばソムリエ検定」の実施要項が発表された。
試験日は、年明けの平成30年1月7日(日)で、
申込期間は、平成29年10月2日(月)~11月30日(木)まで。
試験会場は、奈良会場は「帝塚山大学 東生駒キャンパス」で、
東京会場は、「お茶の水女子大学」となっており、
基本的には例年通りといった感じである。
詳しくは、奈良商工会議所「奈良まほろばソムリエ検定」のサイトをご覧いただきたい。
第12回奈良まほろばソムリエ検定実施要項(奈良商工会議所)

私は第10回時に、はれて「奈良まほろばソムリエ」に合格しており、
その奮闘記や必勝法は以下をご参照いただきたい。
コラム44「奈良まほろばソムリエへの道」
ちなみに、私が受けた2級(第8回)、1級(第9回)時には、
特集問題というのはなかったので、これに関してはアドバイスできない。
第12回は、2級が「山の辺の道の寺社」、1級が「興福寺とその近辺」のようで、
各10問づつ特化した問題が出題されるようである。
山の辺の道と興福寺なら、結構ベタな場所なので大丈夫と思ってしまうが、
おそらく1級ぐらいになると、どこにも書いていないような問題も出るかと思うw
特集問題は、ここ2年ぐらいの新機軸で、
年々マニアックになってしまう可能性もあるかもしれないので、
ぜひ受験する方は、1回で受かるつもりで気合いを入れて挑むのがよいと思う。
やはり、落ちるとモチベーションも下がるであろうし、金銭的な負担も大きくなる。

はれて「ソムリエ」になれれば、奈良の魅力を発信する側であるし、
また、この「奈良まほろばソムリエ検定」を広める役目もあるかと思う。
第11回は、過去最低の受験者数だったので、先行きが不安なことも否めない。
奈良)まほろばソムリエ検定、1182人が挑戦
試験は誰でも受けれるので、県外の人に知ってもらうのも良いが、
やはり、県内の人間がもっと力を入れないとだめなのではないだろうか。
案外、奈良県民が一番奈良のことを知らないということもあるので。
2級や1級に受かろうと勉強するだけでも、
相当奈良の奥深い歴史の一端に触れられるはずである。
目指せ全県民ソムリエだw

スポンサーリンク

奈良に来たならぜひ見るべきおすすめ仏像と、
その魅力を発信していく「奈良仏像のすゝめ」。
今回ご紹介するのは、東大寺の「賓頭盧尊者像(びんずるそんじゃぞう)」

yun_4427
東大寺大仏殿の右手にどかん座っているのが「賓頭盧尊者像」
いわゆる、なで仏といわれる仏さまで、
自分の体の治してほしい場所を触ると治るとされている。
そんな話をすると、なぜか多くの人が頭を触りがたがるがw
東大寺のびんずるさんはかなり巨大で足元しか触れない。
しかし、なぜまたこのお堂の外に座る"びんずるさん"にそんな信仰が生まれたのであろうか。

賓頭盧尊者は、釈迦の弟子「十六羅漢」の一人で、
その中でも、特に神通力(超能力)を持っていたという。
しかし、ある時、古代インドのマダガ国の首都「王舎城」にて、
長者が木鉢を竿の先に吊るして高く掲げて、
「神通あるものはこれを取ってみよ」と行者たちを煽っていた。
名だたる行者らが試みるも失敗に終わっていたが、
それを大石の上で見ていた賓頭盧は、同じ釈迦弟子の目連にそそのかされ、
座っていた大石とともに空中を舞い、木鉢を取って長者のもとへ届けたという。
長者は大喜びであったが、力を人前で見せびらかしてしまったことを釈迦に咎められ、
賓頭盧は悟りを開き涅槃に入ることを許されず、
この世に留まり仏法を説き続けさせられることとなったというのだ。
ある意味では、破門にさせられたダメな弟子とも言えるが、
その後の賓頭盧は、たとえ相手が王でも毅然と仏法を説き帰依させたといい、
むしろ、尊敬される聖者として信仰されていったのだという。
元は、寺院の食堂に祀られていたそうだが、いつしかお堂の外に出るようになり、
そのパワーにあやかりたいと賓頭盧尊者像に触れるとご利益があるという、
民間信仰が広まっていったのだと思われる。
また日本においては、賓頭盧は禁酒の誓いを破ったため釈迦に破門にさせられ、
お堂の外(外陣)に追いやられたという欲説があるようで、
いかにも憎めないキャラ設定で日本人が好きそうである。
しかし、元は釈迦の十六羅漢の一人だった人、その力は本物である。
今日もびんずるさんは、あえて皆に近い場所(外陣)で、
来る日も来る日も訪れる人の健康を願ってくれているというわけである。
daibutuden2
世界(大仏)の隅で愛を叫ぶ!!
∑(゚Д゚)エェ━━━!!w

■仏像DATA
名前【賓頭盧尊者像】
場所【東大寺(MAP)】
製造時期【江戸時代】
技法・材質【木造】
像高【】
指定【】

参考文献サイト:
ミステリーな仏像
賓頭盧尊者が赤い理由@興福寺(大神神社御用達の大正楼)
びんずる尊者(奈良の宿大正楼)

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ