Magical Mystery Nara Tour

独自の視点で奈良の魅力&情報を発信していきます。

yuki
今年、ドローン姿で登場し、
空飛ぶゆるキャラとして話題になった王寺町のゆるキャラ「雪丸」。
【コラム77「空飛ぶゆるキャラ」】
来年は、「戌年(いぬどし)」ということで、更なる活躍は間違いないであろう。
先日、読売テレビの「す・またん!」でも大々的に取り上げてられていた。

DSC_4405
王寺町の「雪丸ミニプラザ」では、
山添村のからす天狗「てんまる」より干支の引き継ぎ式が行われたそうだw

DSC_4407
雪丸の年賀状を発売するもすでに完売。

DSC_4408
王寺町駅近くのケーキ屋さんでは、
1月5日から「紅白ゆきまーる」というケーキが発売されるという。

DSC_4410
聖徳太子ゆかりの「達磨寺」では、年越し鐘つきイベントも。

DSC_4411
「雪丸戌年プレミアム願い札」も発売されるようだ。
絵馬ならぬ、絵犬!?w

DSC_4413
梅田のグランフトントに飛んで「ナレッジキャピタル」では、

DSC_4415
なんと、雪丸が出てくるVRゲームで遊ぶことができるというw

DSC_4416
小学校の図書室には、貸出バーコードを読み取る雪丸人形が配備されていっているというw

もはや、形状や媒体に囚われない活躍ぶりの雪丸。
せんとくん以来のゆるキャラ革命となるかもしれない!?
se
せんとくん「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

スポンサーリンク

DSC_4403 (2)
関空~奈良間新幹線整備を要望へNHK奈良 NEWS WEB
奈良県は、急増する海外からの観光客を呼び込もうと、奈良市付近に建設される予定のリニア中央新幹線の駅と関西空港とを結ぶ新たな新幹線の整備を国に要望していくことになりました。
JR東海が建設を進めているリニア中央新幹線では、2045年までに東京から大阪までの全線が開業する予定で、奈良市付近に中間駅が建設されることになっています。
こうした中、奈良県は中間駅の利便性をより高めようと、駅と関西空港とを結ぶ新たな新幹線の整備を国に要望していくことになりました。
県の構想では、新たな新幹線は大和高田市と御所市、五條市、それに、和歌山県橋本市に途中駅を設け、関西空港から奈良市までをおよそ30分で結ぶとしています。
県は、新たな新幹線が実現すれば、東京方面からだけでなく関西空港からも奈良を訪れやすくなり、急増する海外からの観光客をより多く呼び込めるとしていて、今後、関係自治体とともに要望活動を開始する方針です。
荒井知事は、「奈良県は、これまで玄関口になる駅などの整備が十分ではなかった。10年後の着工を目指して、新たな新幹線の整備を要望する活動を始めていきたい」と話しています。


また年末に、とんでもない構想が発表されたものである。
そういえば、なんとなくそんなことを匂わせる発言を以前知事がしていたような気もするが・・・。
しかし、2045年のリニア新幹線の開通の前に、
京奈和道が開通するかどうかさえも怪しいのに、
果たして実現する可能性はあるのであろうか。
そんなことより、早く県庁を移転して
奈良公園にホテルを作った方がよっぽど良いのではないのか(震え声)

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ