Magical Mystery Nara Tour

独自の視点で奈良の魅力&情報を発信していきます。



話題作ゴジラ キング・オブ・モンスターズを観てきた。
言わずと知れたゴジラのハリウッド版で、
私は、特に怪獣&特撮映画ヲタクというわけでもないのだが、
前作にあたる2014年版のハリウッド版ゴジラから、
「キングコング: 髑髏島の巨神」はおもしい流れで、
今作もかなり楽しみにしていた。
ともかく、今作は他の安易なリメイクものと違い、
アメリカ人の怪獣愛が爆発したというかw
日本作品へのリスペクト(オマージュ)の連続で、
逆に、日本人が忘れていたものを知らしめされるような感じさえした。
ゴジラというのは本来は、核に対する「怨霊(荒ぶる神)」のような存在で、
(だから人間の銃器ではダメージを与えられない)
今作でも、一応タイトルこそ「モンスター」とついているが、
劇中では「タイタン」と呼び、ゴジラたちというのは、
かつて地球を支配していた神獣というような設定である。
だから「モンスター(化け物)」ではなく「怪獣」なのだ。
(ギレルモ監督のパシフィック・リムでもあえて"怪獣"と呼んだことがあった)
日本人がこのような怪獣を生み出したのは、
やはり古来から伝わる神話怨霊文化がDNAに刻まれているからであろう。
「古事記」で描かれる八百万の神々は、災害のメタファーという説もあるように、
奈良の本16「火山で読み解く古事記の謎」
(キングギトラはままヤマタノオロチ的である)
怪獣は、単純な正義の味方や悪の化身ではない。
ゴジラが動けば人類の文明はことごとく破壊されるしw
今作でも、ラドンは火山の噴火の象徴のように登場する。
まさに神道的なこの日本の怪獣文化が、
逆輸入という形で帰ってくるのは、嬉しい反面、悔しさもあるであろう。
間違いなく、このような娯楽大作映画としては日本には作れないだろう。
思えば、日本の古来の美術品を高く評価し、
日本の文化財の恩人ともいえるフェノロサもアメリカ人であった。
アーネスト・フェノロサ(Wikipedia)
こういうのは時代の必然なのであろうか。

関連記事:
コラム78「シン・ゴジラと古事記」

スポンサーリンク

DSC_5457
奈良教育大付属中学のある奈良山の住宅街に、
宮内庁指定の御陵があることはあまり知られていない。
その名も「奈良山陵」である。
葬られているのは「大山守命(おおやまもりのみこと)」
誰?w

DSC_5458b
「記紀」によると、大山守命とは第15代応神天皇の皇子の一人である。
応神天皇には多くの妃と皇子女がいたが、
重要になるのは、年長者の大山守命大雀命(のちの仁徳天皇)
宇遅能和紀郎子(うじのわきいらつこ)の三人の皇子である。
天皇が最も可愛がり、次の天皇にさせたいと思っていたのは宇遅能和紀郎子で、
なぜかというと、宇遅能和紀郎子の母である宮主矢河枝比売(みやぬしのやかわえひめ)と、
応神天皇による電撃的な出会い(天皇の一目ぼれ)があり、
そのなれ初めが古事記には克明に描かれる。
そんなこともあり次期天皇は宇遅能和紀郎子と、
天皇の中では決まっていたので、年長者である大山守命には山海の政(まつりごと)
大雀命には食国の政を任せ、宇遅能和紀郎子を皇太子にしたという。
今でいうところの、山海の政とは農林水産大臣で、
食国の政とはまさに内閣総理大臣といったところであろうか。

そのようにして三皇子は役割分担をさせられていたが、ここで問題が起こる。
一番年長者であった大山守命が、
我こそが天下を取るべきだと反逆(クーデター)を起こすのである。
兄である大山守命が弟である宇遅能和紀郎子を殺そうとしているのを知った大雀命は、
使者をつかわせ伝える。
それを知って驚いた宇遅能和紀郎子は、宇治川のほとりの山の上に陣を構え、
自分に似せたおとりを王座に座らせ、
川を渡りやってくる大山守命を討とうと罠を仕掛けた。
まんまとやってきた大山守命は船で川を渡ろうとするが、
その船の漕ぎ手に変装していた宇遅能和紀郎子によって川に落とされ、
川辺に潜んでいた兵士によって矢で一網打尽にされた。
川から引き揚げられた大山守命の遺骸は、
那良山(ならやま)に葬ったと「記紀」に書かれ

それがまさに現在の奈良山の住宅街にある「奈良山陵」に治定されてるわけなのである。

第15代応神天皇から第16代仁徳天皇の間には、
このような兄弟間の悲劇があったことが伝えられ、
「古事記」と「日本書紀」では微妙に描写が違うところがあるが、
基本的には同じようなことが書かれている。
さらにこのあと、大雀命と宇遅能和紀郎子の皇位の譲り合いが起こり、
最終的に宇遅能和紀郎子が自殺したことによって、
大雀命が仁徳天皇として即位する。

DSC_5463
「奈良山陵」の墳墓は、10メートルほどの円墳といい、
考古学的には、境目谷古墳とも呼ばれ、
藤原宮子(聖武天皇の母)の佐保山西陵の候補地でもあるという。
真意のほどはわからないところであるが、
反逆者であっても陵として祀ったというのが日本的であるかもしれない。
むしろ、だからこそしっかりと葬ったのかもしれない。
こんな一見、なんでもないような住宅街にも歴史が垣間見えるのが、
奈良の奥深さ(ポテンシャル)ではないであろうか。
そして、応神天皇の皇子たちのことを思うと、
なんでもないようなことが幸せだったと思わずにはいられない(震え声)

■境目谷古墳(應神天皇皇子大山守命那羅山墓)


参考文献サイト:
奈良の本6「現代語 古事記」
大山守命墓(奈良の名所・古跡)

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ