Magical Mystery Nara Tour

独自の視点で奈良の魅力&情報を発信していきます。

奈良に来たならぜひ見るべきおすすめ仏像と、
その魅力を発信していく「奈良仏像のすゝめ」。
今回ご紹介するのは、薬師寺の「薬師三尊像」


奈良市西ノ京の薬師寺金堂に安置される「薬師三尊像」。
真ん中が薬師如来坐像で、左右に寄り添うように立つのが「日光・月光菩薩」
「月光」「げっこう」とは読まない、「がっこう」と読む。
これは仏教用語は、漢音ではなく呉音で読むことからだそうである。
薬師如来の住む世界は、「東方浄瑠璃世界(じょうるりせかい)」といい、
阿弥陀如来の西方極楽浄土と対する、生命の源の地。
日本ではどうやら、病気を治してくれる仏さまと思われたみたいで、
飛鳥時代から盛んに、皇族の病気平癒を願われて薬師如来が作られた。
薬師寺の薬師三尊も例にもれず、天武天皇が持統天皇(皇后)の、
病気平癒を願って建立されたのが元のきっかけだ。
よく説明の定番で言われるのが、真ん中の薬師如来がお医者さんで、
右の日光菩薩が日勤の看護士さん、
左の月光菩薩が夜勤の看護士さんというものw
冗談でもなんでもなく、心身の異常は365日24時間いつ何時起こるともわからないので、
常に見守ってくださっているのがこの薬師三尊のお姿ということなのだ。
ちなみに、平安時代以降の薬師如来像は、手に「薬壺(やっこ)」を持つようになるが、
奈良時代以前の薬師如来像は手になにも持たない。


三体とも、彫刻されたかのような美しさであるが、
銅の鋳造仏である。
当時の日本には、相当高い鋳造技術があったことが伺える。
それもそのはずで、実は日本の鋳造の歴史は、
仏教が入ってきた飛鳥時代以降に始まったのではなく、
2000年前の弥生時代から、
銅鐸などで鋳造技術が培われてきたからであろう。
150322_Shimane_Museum_of_Ancient_Izumo_Japan07s
しかし、その材質故に、正確な造立時期が特定できず
未だ諸説を抜けないが、飛鳥時代から奈良時代の日本の仏教流入の過渡期である、
白鳳時代に作られた仏像ではないかとされている。
これほどの巨大さでありながら、洗練された鋳造の美しさと、
まったく手を抜くことなく作られた造形美。
私はこのような日本人の無駄にこだわる美意識みたいなものが、
現代の日本人の芸術や技術にも現われているのではないかと思う。
薬師三尊は、1300年前のクールジャパンだったのだ!?

■仏像DATA
名前【薬師三尊】
場所【薬師寺(MAP)】
製造時期【飛鳥~奈良時代(白鳳時代)】
技法・材質【鋳造・銅】
高さ【薬師如来2.54m 月光菩薩3.15m 日光菩薩3.17m】
指定【国宝】

スポンサーリンク

1280px-Sakurai-sta-North
奈良県の桜井駅は、近鉄大阪線とJR西日本の桜井線(万葉まほろば線)が乗り入れる、
接続駅で、仏教伝来の地として、周辺の多くの観光地の最寄駅となっている。
現在は、平成7年に改修が完了したモダンな作りであるが、
私が子供頃(30年ほど前)は、今では信じられないローカルな雰囲気が漂う駅であった。
奈良交通のあゆみ50周年%20(106)昭和44年桜井駅北口
当時の面影を見れる画像などは、ネットでもほとんど見つからず、
唯一と言っていい奈良県立図書情報館が所蔵する?画像が上記のものだが、
今の若い人からしたら信じられないであろうが、
当時、桜井駅は大半が木造で構成されていた(私のイメージw
107_at_ichinomoto_sta11_tn
こちらは櫟本駅の画像であるが、雰囲気はこんな感じである。
階段をあがると、ドタバタと音がする感じで、
子供心に崩れないのかな?と思ったものであるw
ホームに上がると、これがまた個性的で、
当時、朝倉駅方面の東側の線路は、大きくカーブで蛇行し、
通過する特急さえも徐行する駅であった。
kintetu-3_2
そして、極めつけは、電車が駅に近づいてくると、
今のように自動音声で電車の接近を知らせるのではなく、
駅員の手動で放送されていた。
ホームに隣接する駅長室?から駅員が出てきて、
駅員がマイクでしゃべるのだw
この時、ホームには独特の「フワァーフワァー」という警告音が鳴り響き、
その警報機の横で駅員がマイクでしゃべっていた。
今でいえば、DJポリスならぬ、DJ駅員かw

なんと、今でもこの独特の警報音は大和郡山駅で聞けるようで(0:30~あたりから)、
なんだか気の抜けそうな音であるがw、残していてほしいと願う。
ちなみに、桜井駅はJR側も大きく改築がされているが、
あまりJRは利用しなかったので思い入れはないw
098_SAKURAI11
現在は、改札も高架化されて上にあるが、
当時はこのような平屋の駅舎であった。さすがに無人駅ではなかったように思うw
列車は、105系の2両編成は当時から同じで、
快速が、当時は113系のグレーと赤のストライプだったのが懐かしい。
113kansai
この車両に乗ると、どこか特別な場所に行けるような気がしたものであるw

関連記事:
コラム55「憧れのあおぞら号」

参考画像元サイト:
桜井駅(Wikipedia)
奈良交通のあゆみ50周年 (106)昭和44年桜井駅北口(奈良県立図書情報館)
88鉄道写真フォトログ
桜井線・桜井駅(さいきの駅舎訪問)
113系・115系特集(日本の旅・鉄道見聞録)
櫟本駅  - 桜の桜井線・和歌山線紀行 -

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ