Nara_Hotel05s4s4272
奈良でもっとも老舗で、格式高いホテルといえば、
奈良ホテルである。
天皇陛下や皇室の方が奈良に訪れた際に宿泊されたのはもちろんのこと、
過去、アルバート・アインシュタインやオードリ・ヘップバーンなど、
多くの著名人が宿泊したことで知られる。
「男はつらいよ」の第1作目(昭和44年)では、寅さんも来ている。
コラム9「奈良と男はつらいよ」
otoko12

明治42年(1909)に開業した奈良ホテルは、当時は一般向けのホテルというより、
関西における海外からの要人などを迎える迎賓館としての役割であった。
よって、特に海外の著名人の宿泊の記録が多いわけなのである。
建築は、木造による和洋折衷(わようせっちゅう)な外観で、
設計は、あの東京駅で有名な辰野金吾というのは有名な話だ。
東京駅ー1
東京駅はレンガ造りの洋風で、奈良ホテルとは雰囲気が違うので、
気付かなくて驚く人が多い。
実は、当初東京駅は、ドイツの建築技師フランツ・バルツァーの案で、
社寺のような和風建築になる予定だったという。
20121210153822
しかし、当時西洋に倣おうとしていた日本では評判がよくなく廃案となった。
その後、辰野金吾が設計士となり洋風の東京駅が出来ることになるが、
どこか、この東京駅の廃案と奈良ホテルが似ている気がするのだが、
バルツァーの廃案に影響を受けたということもあるのだろうか。
結局、辰野金吾が作ることになった東京駅と奈良ホテル。
実は、東京駅より奈良ホテルの方が先に完成している。

DSC_1086
明治42年の開業当時の姿を残す本館は、歴史を感じさせてくれる。
鳥居や春日燈籠を模した内装は、古都奈良に来たことを演出してくれる感じであろうか。
ふかふかの絨毯がとても気持ちいい。

DSC_1126
ロビーには、アイシュタイン博士が弾いたというピアノが展示されている。
通路には、奈良ホテルの歴史を辿れる展示物などもあり、さながら博物館のよう。

DSC_1099_1
DSC_1101_1
天皇陛下が泊まったインペリアルスイートも、
空いてさえいれば一般人でも泊まることが出来る。
画像は、以前特別にその部屋を見せていただいた時に撮ったものだ。
値段は、1泊35万円からw(奈良ホテルプラン一覧
もちろん一般向けの部屋もあり、新館を含めると、結構な部屋数があるように思うのだが、
観光シーズンになるとなかなか予約が取れないと聞く。
出来れば、一度は私も泊まってみたいものだ。
当たり前だが、奈良の人間が奈良のホテルに泊まることはないw
県内県外の人間が憧れる。
それが「奈良ホテル」なのだ。

■奈良ホテル

住所【奈良県奈良市 高畑町1096
電話番号【0742-26-3300
駐車場【あり】
HP【http://www.narahotel.co.jp/
Facebookページ【https://www.facebook.com/narahotel

参考サイト:
辰野金吾の東京駅が67年ぶりに甦る(INTERLINK)

スポンサーリンク