44c46fd7d8f572048a22ca1f6c1be0e9_s
よく観光客の方に、奈良公園の鹿は、
夜になるとどこで寝ているんですか?と聞かれることが多々ある。
中には、牧場のように鹿が帰る場所が奈良公園にはあり、
そこで夜を過ごしていると思っている人もいる。
しかし、奈良公園の鹿は野生である。
夜をどう過ごしているかと言われたら、
適当に過ごしているとしか言いようがないw
奈良公園の鹿は、人が飼育しているわけでもなく、管理されているわけでもない。
だから、その生態が稀有な存在と認められ、国の天然記念物なわけなのだが、
とはいえ、皆さん、あの鹿たちが、夜になるとどのように過ごしているのか、
気になるところではあるだろう。
基本的な知識として、鹿は夜行性の動物でもあるので、夜でも行動している。
(睡眠時間は2~3時間ほど(奈良公園の鹿、夜はどこに?読売新聞
なので、基本は奈良公園に昼と同じようにいる。
ただ、暗いので見えないだけなのである。

DSC_0394
ef168699
このような感じで、春日山に近い茂みなどで休んでいるようである。
これが本当の春日ホテルといったところか。
昼の方が、なんとなく活発に行動しているようなイメージであるが、
夜でも普通に道端で遭遇することはよくある。
私も一度、県庁東の大きな交差点で夜の11時ごろに鹿の大群に出くわし、
轢きかけたことがあるが、だからこその、あの注意看板道路上のペイントなのだ。
DSC_2311
特に深夜から早朝にかけて奈良公園を抜ける車は気をつけないといけない。
暗くて発見が遅れるというのもあるが、こんな時間に鹿はいないだろうという思い込みもあろう。
さらに、謎の路駐の車も夜になると出没するので(夜行性は鹿だけではないらしい)、
走行は十分に気をつけないといけない。
正直、私らタクシーは空車時は極力夜は奈良公園を抜けないようにしているぐらいである。
触らぬ神に祟りなし。夜は神の時間。
人間は寝るのがよろしいw

参考画像元サイト:
【画像】夜の奈良公園には行くな。こうなるぞ

スポンサーリンク