Magical Mystery Nara Tour

独自の視点で奈良の魅力&情報を発信していきます。

カテゴリ: コラム

DSC_3264
橿原市今井町は、江戸時代から建てられた民家が多く残り、
伝統的建造物群保存地区として文化財保護法に盛り込まれている町である。
「称名寺」を中心として栄え、今は面影は少ないが環濠で囲まれた寺内町であった。
現在は、観光客も訪れる観光地としての側面もあるが、
厳密なところ観光地ではなく、今現在も地元民が生活を営む生活圏である。
先日コラムで取り上げた「南都銀行」もしっかり今井町内にあり、
生活感を漂わせている。
DSC_3281
ただ単に、街並みを眺めながらブラブラするのも良いであろうが、
やはり、歴史を感じるのが今井町の真骨頂であろうか。
あまり知られていない話といえば、
明治天皇が今井町に訪れていることであろうか。
それは明治10年のこと、神武天皇の畝傍山東北陵に参拝のため、
陵に近い今井町の行在所(称名寺)に明治天皇が行幸で訪れられた。
その時、明治天皇の馬車が通るスペースを空けるため民家の軒先が切り取られたといい、
今もその短い軒先は見ることができる。
DSC_3259
酷い話のようだがw、私は「素直に凄い!」と思ってしまう。
さらに天皇陛下が行幸で移動する際には、
三種の神器の「勾玉」「草薙の剣」も一緒に移動しなければならなく、
おそらく、この時も移動してきただろうと思われるが、
なんと行幸の際には、お風呂も一緒に移動してきたという。
入浴というのは、ある意味一番無防備になる時なので、
安全面や防犯上の意図で、お風呂(風呂桶)は、
旅先でレンタルするわけもいかず、持参されたというのである。
その風呂桶が、なんと今も称名寺に残されているそうだが、
DSC_3269b
なぜ、風呂桶だけが残されたのか?
実は、神武天皇陵への行幸中、
急いで都(東京)へ帰らないといけない事態になったからだという。
そう、明治10年といえば、西郷隆盛が挙兵した西南戦争が勃発した時である。
明治天皇一行は急いで称名寺を後にしたそうで、
どうやら風呂桶は置いていったようだw
DSC_3270
DSC_3272
まさに、その時歴史は動いた瞬間と言えよう。
今井町は時空を超えた町である。
称名寺の本堂(重要文化財)は、現在解体修理中。復活が待たれる。

参考サイト:
明治天皇 絵画と聖蹟「第15回 畝傍陵親謁(うねびりょうしんえつ)」(明治神宮崇敬会)

スポンサーリンク

main
アメリカのDCコミックのキャラクターで、
最強の女戦士のワンダーウーマン。
2016年公開の「バットマンvsスーパーマン」で映画初お目見えし、
その圧倒的な強さには、私もしびれてしまったがw
8月25日からは単独作の「ワンダーウーマン」が公開を控えている。
本家アメリカではすでに公開されており、女性監督映画としては、
記録的なヒットをしたのだという。
11月23日には、すでに続編の「ジャスティスリーグ」が公開を控えているが、
男キャラが一般的なヒーローものの中で、女性戦士のワンダーウーマンは、
まさに今の女性活躍の世の中の時代を反映しているかのようである・・・。
事実、国連の名誉大使としてワンダーウーマンが任命されるというニュースもあった。
ワンダーウーマンは女性のための国連大使にふさわしくない?(BBC NEWS JAPAN)
いろんな意味で、快挙を打ち立てているワンダーウーマンなわけであるが、
なにも女性戦士のヒーローは、アメリカだけに存在するわけではない。
日本の歴史上には1700年前から、女戦士のヒーローがいた。
それは、
img_0
神功皇后である。
神功皇后は、第14代仲哀天皇の皇后であり、
神の告げを受ける巫女のような存在でもあった。
ある日、神功皇后は託宣を受けるが、その内容は、
「九州より海を渡った新羅(朝鮮半島)を征伐せよ」というものであった。
その託宣を信じなかった仲哀天皇は突然死。
皇后は、自ら兵を率いて新羅討伐へと向かうことになる。
髪型は、左右で束ねたミズラの男装をし、
その姿はまさに戦士そのものであったそうだ。
おまけに、凄く美人であったとも日本書紀に記される。
まさにその姿は、ワンダーウーマンを彷彿とさせるが、
その神功皇后の圧倒的な存在感により、新羅はあっけなく降参。
新羅が落ちたと知って、高句麗、百済も降参。
これがいわゆる三韓征伐というものである。
ちなみに、ワンダーウーマンはアメコミが生んだキャラクターであるが、
神功皇后は実在した皇族の女性である。
もちろん、例のごとく神功皇后非実在説もあるが、あくまで諸説に過ぎない。
むしろ逆に創作だとしたら、古代にこのような強い女性の戦士像のようなものを
描いていたということが意義深いのではないだろうか。
ジャンヌダルクより1100年早く、ワンダーウーマンより1700年も早く、
日本は女性戦士ヒロインを描いていたことは誇りである。
日本文化の先進性には驚かずにはいられない。

参考サイト文献:
新記録大ヒットの『ワンダーウーマン』面白さのワケは?主演女優が明かす(シネマトゥデイ)
これまでのDC映画と違うぞ…!『ワンダーウーマン』2週目も好調でV2【全米ボックスオフィス考】
日本書紀(上)全現代語訳 (講談社学術文庫)

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ