Magical Mystery Nara Tour

独自の視点で奈良の魅力&情報を発信していきます。

カテゴリ: コラム

DSC_3547
南都銀行といえば、奈良県の地方銀行であるが、
奈良県人であれば、ほぼ全員口座を持っていると言っても過言ではない。
本店は、奈良市の三条通内にあるが、ギリシャ神殿のような重厚な建物で、
歴史を感じられずにはいられない趣がある。
南都銀行は、昭和9年に県内の銀行が合併し、南都銀行と名前になったそうだ(Wikipedia
南都銀行の看板は、奈良のどこに行っても見られ、観光客の方が目にすることも多いであろう。
00000000000000411547_0000003995_12
しかし、あまり知られていないのが、その名前の由来である。
南都銀行の「南都(なんと)」とは、
昔、奈良が南都と呼ばれていたことからに起因する。
DSC_2199
(奈良市役所、平城京模型)
奈良の平城京は、今から1300年前の日本の首都であった。
国際色豊かで、日本が外国の文化を吸収し発展しようとした時代であったと思う。
私は、飛鳥時代から奈良時代の流れは、
幕末から明治維新の流れにも近いものがあると思っているが、
奈良時代において、近代化の大きな要素となったのが、仏教という存在であった。
しかし、奈良時代に大きく栄えた仏教文化は、巨大な寺院も生み、
それらの寺院に墾田(私有地)を与えられたことから財(土地)が集中する結果となり、
その勢力が政治に介入することも恐れた桓武天皇は、都を奈良から京都へ移し、
既存の仏教を切り離す政策をとった。
本来であれば、都が遷る場合は、寺院も移動するのが慣例であったはずなのだが、
奈良から京都はそうはならなかった。
結果として、奈良からは都市機能はなくなることになったが、
大寺院は多く残され、宗教都市としての機能は残ることとなる。
そして、北の都である北都(京都)から見て、
奈良は南の都、南都と呼ばれることになったのだ。
DSC_1959
今となれば、桓武天皇の政策は奈良にとっては良かったことだが、
そのような歴史的な言葉を、奈良の地方銀行の名前にした人はセンスがあると思うし、
気付かずとも、奈良の人が毎日のように「南都」という言葉を使っていることもおもしろい。
かくゆう私も、南都銀行がメインバンクであるし、よく利用させていただいている。
しいて要望を言わせていただければ、
奈良県人の最も利用率の高い銀行であるにも関わらず、イオンなどのATMの数が少なく、
いつも南都銀行だけ行列になっていることだw
DSC_3549
これだけは、私も参ってしまう。
なんとかならないものだろうか。

参考文献:
奈良時代一周~まほろばを歩く

スポンサーリンク

DSC_3811
平成29年7月15日(土)~9月3日(日)まで、
奈良国立博物館で特別展「源信 地獄・極楽への扉」が開催される。
この奈良出身(北葛城郡当麻)の源信というお坊さんは、
極楽浄土の世界観を日本人に広めた人である。
誰しも死んだら、阿弥陀如来のいる極楽浄土へ行きたい。
もちろん私も行きたいw
しかし、果たしてどうやったら極楽浄土へ行けるのであろうか。
そのような願いに応えたのが源信であった。
往生要集」という、極楽浄土のマニュアル本を書き、
今でいうところの本は大ベストセラーとなった。
いつの時代の人も、死後の世界は興味の対象である。
私の子供ころには、宜保愛子氏の心霊写真大百科がマストアイテムだったし、
夏になると、お昼には「あなたの知らない世界」という番組が放送していた。

しかし、我々のようなどちらかといえば娯楽としてあの世を考えるのではなく、
源信が生きた(942~1017年)平安時代末期には、
ある仏教思想が世の中に蔓延していたから起きた極楽浄土大ブームであった。

それは、「末法思想(まっぽうしそう)」である。
釈迦が亡くなってから2000年経った世界は、
釈迦の教えがすたれてしまって世の中に混乱が起こる、
末法の世が訪れると信じられていた。
その時期が、日本では1052年から始まるとされていて、
まさに平安末期の僧侶や貴族の間では不安が高まっていたのだ。
さらに、末法の世は現世では避けることができないので、
それならば死後の世界、あの世の極楽浄土で救われたいと、
広まっていったのが浄土への憧れ(信仰)なのだ。

そのような時代背景の中、源信の書いた「往生要集」は、
極楽浄土のマニュアル本としてブームの火付け役となり、
具体的なその極楽浄土や地獄のイメージは、人々に多大なる影響を与えた。
おそらく、平安時代に流行語大賞があったなら、
「南無阿弥陀仏」が受賞して、
グーグル検索では、「極楽 阿弥陀 行き方」などが、
検索数で上位を占めていたのであろう。
さらに、この時期に作られたであろう「竹取物語」「中将姫伝説」も、
明らかに浄土信仰に影響をうけているもので、
メディアも巻き込んでの一大ムーブメントだったのだ。
コラム4「竹取物語と仏教」

Phoenix_Hall_Repaired
また源信は、極楽浄土から阿弥陀如来にお迎えにきてもらいたいのなら、
一心に阿弥陀如来のことを想い、念仏を唱えるしかないと説いたことから、
より一心に想うため、極楽浄土と阿弥陀如来を具体化した、
浄土式の寺院が作られるようになる。
一番有名なところでは、宇治の平等院が知られるであろう。
まさに1/1スケールで極楽浄土の世界が再現された境内は、
そこに立てば、深くイメージしなくても極楽浄土がどんなところであるかよく分かるのだ。
貴族がこのような立派な浄土式寺院をこぞって作ったのは、
裏を返せば、「自分は地獄に落ちるであろう」と思っていたのかもしれない。
そのような心理は、現代人にも通じるものはあるのではないだろうか。

参考サイト:
源信(Wikipedia)
末法思想と空也の浄土教(日本の歴史についてよく分かるサイト)

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ