Magical Mystery Nara Tour

独自の視点で奈良の魅力&情報を発信していきます。

カテゴリ: 雑記

51DTj+fmhZL
先日、岐阜の下呂温泉に行ったついでに、
足を伸ばして飛騨高山まで向かい、
茶の湯の森美術館にある「平成の玉虫厨子」を見てきた。
「玉虫厨子」といえば、法隆寺に伝わる日本最古の工芸品とも称される国宝で、
法隆寺大宝蔵院でその実物を見ることができるが、
平成8年に、2基の復元品が作られていることはあまり知られていない。
そのドキュメンタリーである、DVD「甦る玉虫厨子」については、
以前、当ブログでも詳しく書いたが、
【コラム48「甦る玉虫厨子」】
飛騨高山で造園業を営んでいた中田金太氏が、
私財を投じて「復刻版玉虫厨子」と「平成の玉虫厨子」の2基を復元させた。
「復刻版・玉虫厨子」は、出来る限り当時の姿に復元したもので、
「平成の玉虫厨子」にいたっては、より多くの玉虫の羽を使い、 
現代の最高技術を持って豪華に復活させたものであった。
「復刻版」の方は、法隆寺の寄贈されており、
春と秋に開催される秘法展で見ることができるが、
「平成」の方が、中田金太氏の地元であった飛騨高山の寄贈されており、
以前から見てみたいなと思っていたが、ついにそれが叶った。 

DSC_4081
観光地である高山市街地から、少し山手の方に「茶の湯の森」という施設があり、
隣接する美術館に「平成の玉虫厨子」が展示される。
飛騨高山は、江戸時代に活躍した茶人「金森宗和」を始祖とする、
宗和流ゆかりの地として知られるそうで、
はやくから茶の湯がさかんな土地で、伝統の技にあふれた匠の町であったそうだ。

DSC_4062
「茶の湯の森美術館」には、人間国宝、著名作家の作品をはじめ、
樂家歴代作品・茶道家元の作品・歴史的な書跡・屏風を所蔵展示してあり、
あまりそういう教養がない私にはちんぷんかんぷんなところもあるが、
玉虫厨子以外の玉虫の羽を使った漆芸作品や、
千利休の筆による掛け軸などが目玉と言えようか。

DSC_4069
入り口には、「平成の玉虫厨子」のポップが。

DSC_4076
DVDとポストカード。
現在、amazonでは高値がついてプレミア価格?になっているが、
蘇る玉虫の厨子 時空を越えた技の継承 [DVD]
こちらではもちろん正規値段(3000円)で買えるようになっていた。

DSC_4071
受付および物販。
残念ながら、館内の展示室は写真撮影不可で、
「平成の玉虫厨子」の姿をお伝えすることは出来ないが、
展示のされ方が、法隆寺大宝蔵院の本物の玉虫厨子と同じで、
間近でじっくり見ることができて、その輝く姿に圧倒された。
仕事柄本物をよく目にするだけに、まさに時空を飛び越えたかのような感覚である。
ぜひともこれは、皆さんも無理をしてでも見に行く価値があるとおすすめしたい。
そして、願わくば「玉虫厨子」「復刻版・玉虫厨子」「平成の玉虫厨子」が、
一堂に会する特別展なども法隆寺で見てみたい。
復刻版が完成した際には話題になったのだろうが、最近は知らない人も多いかもしれない。
案外知られていない「平成の玉虫厨子」。もっと多くの人に知ってもらいたいと思う。


■茶の湯の森美術館
住所【岐阜県高山市千島町1070】
電話番号【0577-37-1070】
拝観料【(美術館のみ)大人800円 子供500円】
営業時間【9:00~17:00】
定休日【水曜日(祝日は営業。冬期休業あり】
駐車場【あり】
HP【http://www.nakada-net.jp/chanoyu/

スポンサーリンク

DSC_4050
10月13日に放送された歴史秘話ヒストリア「聖徳太子の棺 伝説のその先へ」は、
なかなか見応えがあっておもしろかった。
近年、聖徳太子はいないだとかトンデモ説が蔓延っていたが、
聖徳太子の存在を肯定的に捉え、考察を加えていて好感が持てた内容であった。
今年に発売された東野治之氏の「聖徳太子――ほんとうの姿を求めて (岩波ジュニア新書)」も、
釈迦三尊の銘文や聖徳太子の伝記などを冷静に分析し読み応えがあったが、
DSC_4054
まさしくご本人登場でコメントなされておられたw

DSC_4055
光背の銘文を復元されておられたのは、大仏も復元されていたお方だ!w
【コラム76「大仏の作り方」】

DSC_4062
聖徳太子の棺などについては、つい先日私もブログの記事にしたが、
【コラム94「聖徳太子のお墓はなぜ大阪にあるのか!?」】
棺の寸法などがわからなかったのだが、番組ではきっちり記載されていた。
やはり、太子の棺が一番大きいそうで、
長身であったと思われる太子の棺としてつじつまが合う。

DSC_4058
救世観音像は像高が178cmもあり、太子の等身像(肖像)と伝えられるが、
同じく等身とされる釈迦三尊像を立たせたのには感動したw
175cmが推定されるということは、やはり太子はそれぐらいの長身だったのだ。
ちなみに、私は救世観音像に関しては、さらに大胆な考察をしているが、
それはぜひこちらの記事を読んでいただきたい。
【奈良仏像のすゝめ17「救世観音像」】

DSC_4049
大阪府柏原市の「安福寺」に伝わる、この謎の板のようなもの。
聖徳太子の棺ではないか?と聞いて、さすがの私もまさか!?と思ったが、
最新の科学調査で分かった材質などを聞くと説得力があった。

DSC_4060
雪丸くんも登場w
空飛ぶゆるキャラとしてご出世をされたw
今回の放送は、奈良視線で見てもかなり見応えがあったのではないだろうか。
再放送は、10月22日(日)午前0時5分~となっているので、
ぜひ見逃した人はチェックを忘れずにしておいていただきたい。
ちなみに、11月放送の「世界遺産・神宿る島 沖ノ島/国宝大集合!(仮)/日本人と山(仮)」
も非常に興味深そうで楽しみだ。
http://www4.nhk.or.jp/historia/

あと、歴史秘話ヒストリアといえば、
オープニングテーマとエンディングテーマを歌う「Kalafina(カラフィナ)」が、

先日、興福寺にて野外ライブを行っていた。
"世界遺産Special LIVE -興福寺- 中金堂再建記念“Kalafina with Strings”
と題して、2日間に渡ってのライブであった。

実は、私は少しだけ仕事で関わらせていただいたのだが、
ライトアップされる五重塔と、Kalafinaの音楽がよく合う良いライブであった。
興福寺で、本格的な音楽ライブが行われるのは、
1300年の歴史でも初めてのことであったそうだが、
まさに歴史秘話ヒストリアな夜ではなかったのだろうか。

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ