Magical Mystery Nara Tour

独自の視点で奈良の魅力&情報を発信していきます。

カテゴリ: 雑記

DSC_0649
金魚電話ボックス撤去へ 著作権でトラブル(毎日新聞)
"「金魚の町」を象徴するスポットとして人気を集めてきた奈良県大和郡山市柳の「金魚電話ボックス」が近く撤去されることになった。4年前から地元の柳町商店街などが管理してきたが、外部から「著作権を侵害している」との指摘を受けて決めた。観光客からは「きれいなのにもったいない」と惜しむ声が次々と上がっている。【数野智史】 "

以前から問題になっていることはなんとなく知っていたが、
まさか撤去ということになったのには驚いた。
ただ、地元の人からは撤去しないでほしいと書名サイトも出来ている。
大和郡山の金魚電話ボックスを撤去しないでください!!(change.org)
またこちらのサイトにも経緯がまとめらているが、
奈良・金魚電話ボックス撤去に関して、著作を主張する作家から見た顛末(togeeter)
どうやら今回の撤去を決めたのは、当事者である商店街のようである。
著作権を主張する山本伸樹氏はかなり譲歩していると思われるが、
どうしても条件が飲めないということらしい・・・・。
そもそも訴えている側は、「パクッた」ことを前提で話を進めているが・・・・。
しかし、金魚電話ボックスは私も度々案内することがあったし、観光客の反応もすこぶる良い。
それはもちろん、大和郡山が金魚の町としての必然性もあるからであって、
ある意味では、この金魚電話ボックスが設置されるべき場所は、
大和郡山市が最もふさわしいと言えるからであろう。
自ら観光促進の目玉を捨てるなんてもったいない。
なんとかならなかったのだろうか・・・・。が、私の率直な感想である。

スポンサーリンク

※エイプリルフールネタです。
ppp_hokousyayoushingou_TP_V

東大寺や春日大社など世界遺産のある奈良市の奈良公園で、
世界初の鹿専用の信号機が誕生することとなった。
近年の観光客や交通量の増加で、国道165線では、
たびたび、奈良のシカによる交通事故が起こっており、
かねてから県と春日大社が協議していた。
事故の原因は、シカの飛び出しが最も多く、
奈良のシカは横断歩道で信号を守ると観光客の間では話題にはなっていたが、
それは事実ではなく、日常的に鹿の信号無視は起きていた。
今回、鹿も認識できる特殊なLEDを開発し、
絵柄もせんとくんによるわかりやすいものを採用。
DSC_4004e
目の悪い鹿のために、ホルーンによる音声でも信号を認識できるようにした。
完成式典のお披露目では、春日大社の宮司による神事と祝詞がよまれ、
知事からは、「これこそ信仰(しんこう)から生まれた信号(しんごう)」だと祝辞が述べられた。

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ